NANKANG AW-1 リアルレポート2回目 準備中!

 NANKANG最新スタッドレスタイヤ「AW-1」のレポート2回目を目指し、そろそろホイールの入れ替えに動きます。当初から暑さが落ち着いた9月中旬~10月中旬位までに行いたい、と記しましたしね。

 で、本日近隣のタイヤピット取付店を検索。すると3件ヒット、一番近い店にしようかと。まずはネットで価格等確認後、ダメ押しで電話も入れてみました。

 作業はホイールの入れ替え等だけ。なら予約無しで持ち込んでいいという。但し、先発作業があるので完了は持ち込んだその時次第のよう。数日かかるかも‥ ぶっきらぼうの印象だったけれど、まぁ重要なのは作業の質です。ただ親父になると電話対応が物凄く気になって。

 従来、ホイールの入れ替え作業は愛車のディーラーへ依頼していました。不満なく対応もバッチリ。しかし、折角だしオートウェイと提携する取り付け店を利用してみようと思いました。興味あるでしょ。そのあたり詳しくはレポートで触れるつもりです。ということで、2回目に向け動き出しました。

 NANKANG「AW-1」は8月から全開に近い露出を果たすもこれは早かったよう。9月も暑さが残り動きは同様。そして10月、ようやく興味が上がり出しました。気を揉んだけれどこれから更に期待出来そうです。

 同時に「ESSN-1」も活発化して来ました。ただこの間に入るのがKENDA「ICETEC NEO KR36」、ここ数年はランキングトップに定着します。因みに先週のランキングは「AW-1」が2位、「ICETEC NEO KR36」が3位、「ESSN-1」が4位です。最終的には「AW-1」と「ICETEC NEO KR36」の争いになるでしょう。

 ただ「ICETEC NEO KR36」は7シーズン目、一方「AW-1」は最新だし圧倒的に有利。昨シーズンまでランキングは固定化し興味はそれほどでも。しかし、今シーズンは熾烈を極め結構面白い状況になりそう。

NANKANG AW-1 リアルレポート
 NANKANGの既存スタッドレスタイヤ「ESSN-1」の後継と謳われるのが「AW-1」です。更なるレベルアップを実現、具体的には…
タイトルとURLをコピーしました