タイヤの基礎知識

タイヤの基礎知識 タイヤの基礎知識

 夏タイヤ、スタッドレス、オールシーズン、チェーン全ての展開に「知識」を詳細化! ユーザビリティ、読み易さを第一に細かな項目までピックアップし「知識」として専用ページにまとめました。

スポンサーリンク

基礎知識

タイヤの知識
タイヤに関する知識をより深めます。タイヤはスリップサインが露出すると危険信号です。法令(道路運送車両法)でも禁止され、新品への交換…
オールシーズンタイヤの知識
オールシーズンタイヤに関する知識を理解しましょ、ということで関連について触れるのがこのページ。ところが大方タイヤの知識、スタッドレ…
スタッドレスタイヤの知識
スタッドレスタイヤの云々を理解することは重要です。最も興味があるのは製品情報でしょ。今シーズンの新製品、更には従来品を加えた最新ラ…
タイヤチェーンの知識
チェーンに関する様々な知識を理解したい。最も興味があるのは製品情報でしょ。これはショウガナイ! 新たな製品の登場や従来品を加えた最…

 

- 各知識ページ(投稿順・ランダム表示)-

スタッドレスの知識

スタッドレスタイヤで夏場の使用は危険!

冬の間使用したスタッドレスタイヤ、そのままシーズン外(春 ~ 夏 ~ 秋)の使用に問題は無いのか気になるところです。本来冬専用だし、特に真夏の酷暑時でも使用し続けることに対し安全性の懸念は無いのでしょ‥
タイヤの知識

ゲリラ豪雨に遭遇、その時どうすればいい?

突然大気が不安定になり何やら涼しい風が吹いて来た‥ 徐々に空が暗くなり怪しさ最大化した時、激しい雨が降り出します。雨、雨、雨!! 特に午後から夕方に掛けて起こりやすい。いわゆるゲリラ豪雨です。  これ‥
タイヤの知識

雨に強いタイヤ、ウェット性能の理解を高める

雨に強いタイヤと言えば、濡れた路面で高い制動性能を有する製品と受け止めます。低燃費タイヤの規定に照らせば「ウェットグリップ性能」がその指標になるかと。  ウェットグリップ性能のグレーディングは、性能別‥
スポンサーリンク
タイヤの知識

タイヤの役割(基本の理解)

タイヤを装着するものはクルマ(自動車)、自転車、バイク、飛行機、台車、1輪車にリヤカー・・ 普段の生活で我々が何気なく目にするものなどに利用されています。これらはいずれも黒くて丸いのは同じながら、大き‥
タイヤの知識

タイヤの空気圧チェックは定期的に行いたい(季節でも異なる空気圧)

タイヤの空気圧変化による体感の違い、一般には相応の数値の変化がないと分からないのでは。極端な話、パンクしていても気付かない人も居る程ですから。私の場合、20kPa ~ 30kPaの変化で何とか感じるレ‥
タイヤの知識

タイヤにも慣らし走行が必要!

タイヤを新たに購入した際、慣らし走行の必要性が謳われます。新車の慣らしは広く伝えられているけれどタイヤも慣らしって必要? これには表面の余分な油膜を取り、ホイールと馴染ませるなど相応の意味があります。‥
タイヤの知識

タイヤの限界を判断するのは摩耗と劣化(新品交換の目安)

タイヤの限界を判断する目安として摩耗と劣化に注目します。摩耗が激しい場合は雨の日、特に高速走行で「ハイドロプレーニング現象」が起きやすくなります。  また「クラック」の発生、いわゆる劣化も寿命の目安に‥
タイヤの知識

タイヤを新品へ交換するメリットは4つ!

タイヤはカー用品の中でも高価なモノです。その為、新品に交換したあと後悔しないよう事前によ~く吟味し選びたいものです。でも新品へ交換すると具体的にどんなメリットがあるのでしょう? 新品へのメリットはこの‥
タイヤの知識

タイヤのローテーション(装着位置の交換)

タイヤを少しでも長持ちさせるには摩耗の進み方が4本とも均一であることが重要です。摩耗は装着位置によっても状態が異なりますので、より均一になるにはローテーション(位置交換)が有効です。  ローテーション‥
タイヤの知識

タイヤ交換を安全にしっかり行う方法・手順

タイヤ交換はどの工具を使い、どう行うのか理解が必要です。また緊急で車載工具が必要になった場合に何処にあるのか? これって重要なので知っておく必要があります。  ランフラットタイヤ装着車、また最近ではパ‥
タイヤの知識

タイヤ交換をDIYで行うならトルクレンチで確実性を!

タイヤ交換にはトルクレンチの重要性を認識しています。ホイール装着でナットの緩すぎは外れる可能性があるのは理解できるでしょ。対して締め過ぎはボルトが切れる可能性あるんです。  締め付けトルク(規定トルク‥
タイヤの知識

タイヤの保管に拘り長持ちへ、そして防犯にも意識を

冬シーズン直前に夏タイヤからスタッドレスへ交換、春までの間どのような状態で保管するかによってゴムの状態が微妙に異なります。その逆、スタッドレスから夏タイヤへ交換する際も保管に関しては同様です。  タイ‥
チェーンの知識

スタッドレスタイヤにチェーン装着が最強かと‥

大雪による大規模な立ち往生。その場に遭遇したら厳しさで言葉にならないっす。なので備えることが必要だという。具体的にはスコップ、手袋、防寒着、カイロ、毛布、飲料水や非常食など。  そして遭遇してしまった‥
スタッドレスの知識

スタッドレスタイヤのインチダウンは有効か?

タイヤのインチダウンとは? まずその理解から。インチとはタイヤのリム径(ホイールサイズ)のこと。インチダウンはタイヤの外径(外側の大きさ)を変えずにリム径を小さくすることです。 例:195/65R15‥
スタッドレスの知識

スタッドレスタイヤとチェーン、どっちを選ぶ?

スタッドレスタイヤとチェーンはどちらを選ぶ、という迷いにどうする? それぞれにプラスとマイナスがあり、シーンによって使い分けるべきでは。ただ市場の注目はスタッドレスが圧倒的、もしチェーンがそうならタイ‥
オールシーズンの知識

冬専用タイヤの括りは拡大! 国内と海外で捉え方は異なる

日本国内で冬に履く専用タイヤと言えばスタッドレスタイヤが一般的。しかし、スノー、ウインター、冬、スパイク、スタッド、そしてオールシーズンなどの各タイヤも存在します。これらの違いは何よ? また走りに対す‥
スタッドレスの知識

積雪時にスタッドレスタイヤ等装着無しは条例違反

降雪時にはスタッドレスタイヤ又はチェーン装着が必要です。しかし、首都圏などで積雪があった場合でも、夏タイヤのままで走行し立ち往生しているクルマの多いこと。そもそも降雪時に夏タイヤそのままで走行すること‥
スタッドレスの知識

スタッドレスタイヤのロングライフを多方面から考える!

スタッドレスタイヤの特性として、ロングライフ(ライフ性能)を謳うケースが増えています。低燃費にウェット性能、ロングライフさえも特徴付けし更なる高性能を訴えます。  ここを強調するのは、摩耗を気にするが‥
スタッドレスの知識

冬シーズンに備えておきたいカーグッズ

冬シーズンを迎えスタッドレスへの交換が完了。もういつ雪が降っても大丈夫‥ いやいや、タイヤ以外にも冬支度は重要です。備えておきたいカーグッズ、いろいろ整え安全そして快適な冬シーズンを送りたい。 備えて‥
スタッドレスの知識

スタッドレスタイヤへ交換のタイミングは気温7℃を目安!

スタッドレスタイヤへの交換はいつ頃行えばいい? 悩みます。北海道なら10月中旬頃からでは。東北でも11月に入るとその動き始まります。地域によって異なります。  例えば東北地方の冬用タイヤ装着率調査。こ‥
チェーンの知識

タイヤチェーン装着時、速度の出し過ぎには注意!

チェーンを装着するシーンは程度の違いこそあれ、アイス路や雪路などが想定されます。ここではいずれも急の付く運転、急停止、急ハンドル、急発進などは避けなければなりません。操縦安定性が著しく低下し大変危険で‥
チェーンの知識

タイヤチェーンの試装着(演習)は必ず実践を!

最新チェーンを買ったし新たな規制も大丈夫、と。でも大切なのは正しく装着すること。これがあって初めてチェーンの有効性が実感出来るというもの。それがなければ何というか、まぁ宝の持ち腐れになりかねない。  ‥
オールシーズンの知識

オールシーズンタイヤの興味拡大は間違いないけれど‥

近年の冬製品、そこに食い込んできたのがオールシーズンタイヤです。M+Sが刻印され、何よりもそれ以上の評価ポイントになる スノーフレークマーク が刻印されています。これなら大きな意味で冬タイヤのひとつと‥
スタッドレスの知識

スタッドレスタイヤ、日本専用設計の発想

近年、海外メジャーメーカーそしてアジアンタイヤメーカーに至るまで、スタッドレスタイヤの日本専用設計を強調します。基本設計を本国の研究所で行い走行テストを日本で実施するというもの。また設計段階から日本を‥
スタッドレスの知識

スタッドレスタイヤ最新は第7世代まで到達!

スタッドレスタイヤの歴史は、1991年3月にスパイクが販売中止になってから本格化します。しかし、既にそれ以前の1980年代には国内市場に登場。従って40年近くの歴史を誇るメーカーも存在します。  その‥
タイトルとURLをコピーしました