タイヤ

タイヤ

タイヤ動画の表示 サムネイル取得による画像リンク

メインから繋ぐタイヤ動画の表示について、色々試しましたが一応これで様子見しようかと。当初はサムネイルを取得し画像でリンクを貼っていました。その後、メインの改革でWPを導入しテキストによる表示に変更し継‥
タイヤ

エコタイヤと低燃費タイヤの棲み分け!

転がり抵抗低減のみではなくトータル性がタイヤに関するエコの本質と考えます。またエコタイヤと低燃費タイヤも線引きをしないといけません。どちらでもいい、ごちゃまぜで曖昧なものが見られるけれどそうでは決して‥
タイヤ

タイヤのサイズ表示はブリヂストン方式を採用しています

当サイトのタイヤ性能比較、そこへ繋ぐ各詳細ページの中間あたりに「サイズ表」を構築しています。サイズ個別はリンクを経て、「YAHOO!ショッピング」もしくは「楽天市場」に到達します。  ここに示すサイズ‥
スポンサーリンク
タイヤ

ミニバンタイヤの変革を進めるにあたり‥

先日、ミニバンタイヤの展開が現状にそぐわない云々を書きました。4つに括る細分化のうち、「スポーツコンフォート」を「コンフォート」に取り込み3つで展開するのはどうよ、と言うものでした。  製品ラインアッ‥
タイヤ

タイヤに関するシーズン前半の印象など

6月に入りもう中旬になろうかというこのタイミング、シーズン前半の印象などザックリ触れようと思います。  何度か触れているけれど、今シーズンはプレミアムコンフォート、しかも2強となるブリヂストン「REG‥
タイヤ

スポーツコンフォートの課題は絶対的なボリューム不足

スポーツコンフォートは、スポーツをベースにしたタイプとコンフォートをベースにしたタイプに分けられます。双方で長所と短所が混在するも、相反性能を高次元で併せ持つオールラウンド性の高さが特徴です。  それ‥
タイヤ

ミニバンタイヤの展開が現状にそぐわない?

タイヤWEBサイトのミニバンタイヤ性能比較ページは、 「プレミアム」:上質の快適性を追求 「スポーツコンフォート」:高速走行やハンドリングを追及 「コンフォート」:快適性を示すコンフォートから標準性能‥
タイヤ

オールシーズンタイヤの動向を探ってみた!

オールシーズンタイヤ、当サイトの最新コンテンツランキングは10位以内をキープしています。この動きを見ると、冬シーズンを超え通年コンテンツとして定着している印象です。興味拡大は間違いないかと。  スタッ‥
タイヤ

プレミアムコンフォートはタイヤの拘りを強く感じる印象

当サイトのページランキングを、タイヤの興味に置き換えています。そこで今回、「性能比較」コンテンツへ注目。するとカテゴリーとして、プレミアムコンフォートが常にトップレベルに位置しています。  プレミアム‥
タイヤ

タイヤのランキング、 3~4月需要期の結果です

タイヤのランキング、その結果を20位まで出してみました。飽くまでも当サイト内でのこと。それでも本質と大幅なズレはないはず‥ と思いたい。今回、夏タイヤの重要期である3~4月に限定しています。以下、こん‥
タイヤ

備忘録も兼ね役割を再確認してみた‥

サイトの勢いが低迷‥ なので初心に戻ろうかと。あの時を思い出せ、過去を振り返っています。そしたら気付いたことがありました。随分ブログを書いていた。しかも、内容がそこそこ充実しています。頑張っていたんで‥
タイヤ

超不本意の件、夏タイヤは完了‥

5月1日に投稿した件、そう夏タイヤの2024年シーズン製品詳細ページに掲載したサイズ表、そこからリンクしている「楽天市場」の情報が何故かゴチャゴチャになっています。  製品名を指定しているにもかかわら‥
タイヤ

2024年シーズン新製品の動向を探る‥

2024年シーズンの夏タイヤ、新製品はプレミアムコンフォートにおける超話題作、ブリヂストン「REGNO GR-XⅢ」とヨコハマ「ADVAN dB V553」が大注目です。いずれも従来から大幅な性能向上‥
タイヤ

実は現在こんなことに向き合っています。超不本意‥

超お久しぶりの投稿です。夏タイヤの2024年シーズンへ向けたアップデートが完了、しかしながら息つく間もなく懸念と向き合っています。  製品詳細ページに掲載したサイズ表、そこからリンクしている楽天市場の‥
タイヤ

夏タイヤ 2024年シーズンのアップデートが完了!

2024年シーズンの夏タイヤ、最新化への更新というかアップデートが完了しました。それまでのアジアンタイヤに続き、2月中旬から取り組み約1ヶ月、完全集中で臨みました。  更新作業は最新化を意識する上で非‥
タイヤ

タイヤWEBサイト 2024年に向けての決意。乞うご期待

タイヤWEBサイトの2024年シーズンに対する考え方をまとめましょ。基本姿勢は、「カテゴリー別」と「メーカー別」の性能比較。黒くて丸いタイヤに関する本筋になるかと。  カテゴリーは「スポーツ」と「コン‥
タイヤ

アジアンタイヤの電動車向けNANKANG AS-3EV、NEV-1へ注目してみる

電動車とは、EVカーのみではなく、これを含みモーターを駆動に採用したクルマのこと。ハイブリッドやプラグインハイブリッド(PHEV)、燃料電池車(FCEV)なども含みます。範疇は結構広い。  今後増える‥
タイヤ

今年も宜しくお願いします。全力で取り組みます!

新年早々、驚く事態に胸が痛みます。衝撃で言葉が出ない、正直なところです。ただただ心よりお見舞い申し上げます。  さて、2024年が始動しました。昨年2023年は後半絶不調に陥ったので、年末年始は仕切り‥
タイヤ

当サイトはWEBサイトとして伝える姿勢を極めたい

具体的な根拠はないのだけれど、市場と言うか社会の流れはWEBサイトよりも動画、特にYouTubeへ流れているかな。表示される広告からしてその可能性が高い。私自身もまったり見るならYouTubeです。 ‥
タイヤ

18年目に突入、今後も全力で頑張ります!

2023年12月、タイヤに関する専門サイトとして開設した当サイトが18年目に入りました。タイヤWEBサイト、そしてアジアンタイヤWEBサイトをメインに構築しています。これら2つは別サイトのような体裁だ‥
タイヤ

2023-2024年スタッドレスタイヤ掲載製品の順位を確認してみた

当サイトのコンテンツを週毎に掲載するのが コンテンツランキングの推移 です。実販売数ではありませんがコンテンツに対する興味を確認できる、ということで毎週金曜日に更新しています。  季節柄スタッドレスタ‥
タイヤ

スタッドレスタイヤとは? を定義するも以前からは変化が!

11月も中旬でようやく冬の気配を強く感じるようになりました。我が町、寒くて1日中暖房つけっぱなしの日も増えてきました。しかしながらこれがいい! スタッドレスタイヤ商戦に勢いつきますから。  例年そうだ‥
タイヤ

タイヤ情報ANNEX 5シーズン目を迎えていました‥

従前カスみたいな記事が多かったタイヤ情報、現在のスタイルに進化し5シーズン目に入りました。  日記として初代は、メイン開設直後だったので2006年か2007年ごろ? 既に削除しており詳細は忘れました。‥
タイヤ

トーヨーの新ジャンルは発想に優れるもその先が‥

トーヨー、かつては(2011年9月から)オールシーズンと呼ばなかったけれど明らかにそれよね、の製品投入を果たしています。「CFt(シーエフティー)」という製品です。トレッドデザインとコンパウンドは夏冬‥
タイヤ

今後増えるだろうEV専用タイヤについて考えてみた!

国内における電動車の捉え方は電気自動車(Electric Vehicle)、EVのみではない。モーターを駆動に採用したクルマ全般を指すと定義しています。従ってEVは勿論、ハイブリッドやプラグインハイブ‥
タイトルとURLをコピーしました