2021年シーズン アジアンタイヤの特徴を示す!

 アジアンタイヤ、2021年シーズンから半端に延命して来たFEDERAL、NEXEN、KENDA、そしてHankookやKUMHOを掲載外にしました。これに代わる新たな取り組みはスポーツラインアップの更なる充実です。

 スポーツはアジアンタイヤにとっての生命線。絶対的な評価を獲得し、またカテゴリー横断によるフォローの多角化に重要な役割を果たしています。更なる強化で絶対性を固定化し多勢となる興味へ繋げたい。

 現状製品ラインアップは多彩です。コンペティションレベルから少しばかり物足りなさを感じるモノまで、まぁ言い換えればピンキリ。ただメジャーにおいても同様のあり方が見られます。従いピュア、プレミアム、スポーツの3つに区分けし差別化を図ります。

 アジアンタイヤにおいては製品の絶対数から一緒くたにしています。将来的には区分け、実現したいですね。

 そんなスポーツにある意味傾倒し、2021年はシーズン通し掲載数の拡大に励むつもりです。直近ではDAVANTIが新たに投入した「PROTOURA SPORT」や、コンセプトをメジャーにおけるプレミアムスポーツへ向けたRADAR「Rivera SPORT」などを新たに掲載しました。MOMOやNEUTONも拡大への道筋を探ります。

 これ同様と言っていいか迷うけれどNANKANG「NS-2」、「ATR SPORT」「ATR SPORT2」、Pinso Tyres「PS-91」などが近い性能と捉えます。

 またメーカー別ではNITTOへの注目が目を引きます。本来の性能特性を鑑みるとメジャーメーカーとしての扱いが妥当。しかも斬新なデザインからトーヨーとの差別化を感じさせ、棲み分けも出来ている、と思います。

 それでもここへ括るのは過去オートウェイによる扱いからの継続と、一癖もある製品はアジアンタイヤがフィットする、そうメジャーに埋もれる勿体なさからの脱却です。活かすには現状の扱いがベストかと。それを牽引する製品は「NT555 G2」です。

 SUVへも触れないといけないでしょう。世界的車種人気でアジアンタイヤのSUVに対する積極性も見逃すことが出来ません。オン・オフ問わず投入される製品は年々増すばかり。しかもRADAR「RENEGADE R/T+」は新しいジャンルとして注目のR/Tを主張するなど、先進性も勢い進んでいます。

 一般的に大口径サイズは高価なのが難点です。そこでアジアンSUVへ注目すればハードルがずっと下がるはず。メジャーとは異なるコストパフォーマンスが焦点となるのは間違いない、と思います。

 2021年シーズン、アジアンタイヤは可能性をまだまだ秘めており発掘の意欲を高めています。

アジアンタイヤメーカー別性能比較
 アジアンタイヤをメーカー別に比較、として一覧表示します。台湾、インドネシア、中国など新興メーカーを中心に、最新の製品展開を詳細に…
アジアンタイヤカテゴリー別性能比較
 アジアンタイヤはコストパフォーマンスに優れ、見出されたのはドリフトユーザーから、というのは「アジアンタイヤとは? 基本理解を深め…
タイトルとURLをコピーしました