ヨコハマ ADVAN NEOVA コンセプトモデルの実投入はいつ?

 2019年1月の東京オートサロン、ヨコハマブースには「ADVAN NEOVA」のコンセプトモデルが展示されました。この時点で実質「ADVAN NEOVA AD08R」の後継モデルでしょ、と思わずにはいられない。

 「AD08R」の投入は2013年、従って今シーズンで発売から7シーズン目です。他競合に比較しアドバンテージ、魅力も薄れています。それもあってここまでの完成形だし2019年シーズンに登場するのはほぼ間違いないのかな。ところが未だにその動きありません。

 ブランドとしての「ADVAN」は、1978年ヨコハマの国内初スポーツブランドとして誕生しました。その後「HF」や「GLOBA」など数々の人気タイヤを生み出して来ました。1995年の「NEOVA」の登場で位置付けはより強固なものになりました。

 2003年「ADVAN NEOVA AD07」で第4世代への進化。市販ラジアル最速を目指しモータースポーツで培われたテクノロジーを投入。2009年「ADVAN NEOVA AD08」が満を持して登場。ADVAN最強のストリートタイヤを謳います。

 しかしながら、同2009年からプレミアムコンフォート「ADVAN dB」も並列するなど多様性を示します。実は2005年にブランドをグローバルフラッグシップへ拡大、スポーツオンリーではない多角化を図っていたんです。

 そして現行「ADVAN NEOVA AD08R」が2013年に登場。「ADVAN NEOVA AD08」をチューニングし進化。ドライバーを満足させる速さと楽しさを訴えます。ADVAN は英語で先進を意味する「Advance」や、優位性を意味する「Advantage」から来ているという。

 この間に最大のライバルであるブリヂストンは、2015年に「POTENZA RE11A」から「POTENZA RE-71R」へ最強進化を果たします。サーキット走行などのスポーツドライビングで高性能を発揮するPOTENZA史上最速を謳います。

 またこれ以上に進化レベルを爆発させたのが2017年投入のダンロップ「DIREZZA ZⅢ」です。従来品は2014年の「DIREZZA ZⅡ★」、「DIREZZA ZⅡ」の発売から僅か2年で進化。更にはグッドイヤー「EAGLE RS Sport S-SPEC」も待ち受けます。いずれもドライグリップ性能を向上させ、ストリート用としながらもサーキットでのラップタイム短縮に拘ります。

 で、既述した「ADVAN NEOVA」のコンセプトモデルに戻ります。特徴的なトレッドパターンは従来を踏襲、しかしながらパターンコンセプトなるものがあって NEO BURNING(ネオ バーニング)、炎のエネルギーが表現されたものを意味するよう。まぁ俗にいうファイヤーパターンの類ですね。

 純粋なストレートグルーブを持たず、シーケンシャルラウンドグルーブ(波状グルーブ)を2本刻む。これにより中央部にクネクネとしたリブを配置、センター、サイドには炎をイメージしたような刻みが入ります。

 一見従来を踏襲、しかし詳細はかなりの違いを見せることになります。パターンに留まらず構造やコンパウンドも新たな技術が投入されるはず。

 コンセプトモデルの公開からもうすぐ1年が経過し、また東京オートサロンがやって来ます。楽しみだ、ここで発表があったらいいな!

ヨコハマ ADVAN NEOVA AD08R の特徴
トレッドパターンはドライ、ウェット性能と耐磨耗性能が評価された従来品の唐草模様にも似たデザインを継承。コンパウンドは従来に対して初期グリップ力とコントロール性の向上を目標に開発された「MSコンパウンド2R」に進化。
東京オートサロン2019 じっくり見たタイヤ関連はこうでした!
 会場は華やか。しかも若い男性ばかりじゃなくて、子供連れや人生の先輩も楽しんでいます。方向性はこれまでのスポーツカーを超えてSUVへの動きが顕著。どのブースでも背高のクルマが見られます。 例年、敷地内の屋外イベント会場は、ドリフトの派手なデ
タイトルとURLをコピーしました