クルマ用タイヤ等販売速報(2022年10月) 一応参考までに

 GfK Japanが全国のカー用品店、タイヤ専門店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットの販売実績データを元に、市場規模相当に拡大推計したクルマ用タイヤ等の販売速報を公表しています。購入先・本数・サイズ・価格の4項目。

 市場規模相当に拡大推計した、となっているので確実な実績ではないですね。私が欲しているのはメーカー別、銘柄別、サイズ別です。少し欲張り‥ ただデータはいずれも貴重なのでクルマ用タイヤに限定しお伝えします。

スポンサーリンク

 2022年10月のクルマ用タイヤ販売は、本数前年比0.4%増とほぼ前年並みだという。店頭では同3%減に対し、インターネットでは同6%増。インターネットやはり売れている。

 夏タイヤは本数前年比3%減であった。一方冬タイヤは同4%増で数量構成比はタイヤ全体の48%を占めている。これは季節柄当然の結果でしょう。更に11~12月は数値が大きくなるかと。これによりある程度の冬タイヤボリュームが見出せそう。

 サイズ別の販売動向もある。最も多いのが155/65R/14、本数前年比は2%増。また165/65R/14は同22%増、165/55R/15は同16%増だそう。いずれも軽カーを中心としたサイズですね。車種ボリュームに比例しているかと。

 税抜き平均価格は11,224円と前年同月から10%上昇。店頭では5%、インターネットでは19%上昇。その結果、金額前年比は11%増となり、店頭では同1%増、インターネットでは同26%増であった。サイズ拡大による価格アップというよりも、値上げの影響大きいのでは。それに尽きると思いますがどうでしょう‥

 以上がクルマ用タイヤ販売に関しての結果です。もっと詳しく、という期待があるのでまた公表になったら伝えます。

2022年10月の自動車用タイヤ・エンジンオイル・バッテリー販売速報
GfK Japanは、全国のカー用品店、タイヤ専門店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネットの販売実績データを元に、市場…
タイトルとURLをコピーしました