スタッドレスタイヤのシーズンはにわかサイトが沢山登場で混乱も‥

 11月に入り朝晩の冷え込みは次第に厳しくやはり冬の様相を感じています、と言いたいところなのですがどうも今年はそうでもない。暖冬の予感がしてとっても心配。この業界はスタッドレスタイヤの注目依存がかなり大きい。ボリュームこそ夏タイヤに敵いませんが、短期集中需要となるの魅力です。

 しかも、今シーズンはオールシーズンが加わり市場は最大規模の盛り上がりになるはず、と個人的には凄く期待しているところですから。

 ただ先日の台風などやはり気象異常は進んでいるんでしょう。夏の異常な暑さはもう勘弁。一方冬は寒くて降雪多過ぎ、とは必ずしもならないかな。一部では異常な降雪を記録するところありますが全体的にはそうでもないような。少なくとも我が町(東北の南で基本雪国)は3、4年前のような冬らしさが全く見られません。雪そのものがあまり降らない。

(2014年にはこんなに降ったことも)

 スタッドレスタイヤ等は基本季節製品だし盛り上がり方はやはり天候次第。生活に支障をきたすほどの大雪は勘弁だけれどそこそこは期待します。12月初め頃にその状況を迎えられるとうれしいんですけどね‥

にわかサイトが沢山登場し混乱も‥

 この時期になるとタイヤ、特にスタッドレスやチェーンに関連するサイトが沢山登場します。これはネットメディアのネタになるところが大きいから。正直余計だな、と思うもショウガナイ。

 気になるのはこれを含め明らかに当サイトの真似じゃね、も非常に多いこと。以前から感じていた次第で状況は変わらず。これらと同種に括られるのはとっても不満です。

 当サイトはもう少しで14年目間近、これまでの蓄積から専用サイトとして情報満載でお伝えしているつもりです。更新を重ねその時の最新へ進化、充実は相応レベルに到達しているはず、と自画自賛。それでも細かいところは不満あり、完全化にはまだ遠いですけど。

 明日4日までかな、開催中の東京モータショー2019もそうだけれど、その手のものは新たな情報収集には絶好の機会です。従って時間かけて、金かけて積極参戦。これだけじゃないですけど何とか最新の情報を! と奔走しています。

 なのに真似され持っていかれたんじゃ頭に来る。特にここ数年真似レベルがえげつない。以前は少し参考にしましたよ、のレベル。ところが最近はその範疇を完全に超え真似サイトそのものです。

 一時、真似対策を真剣に検討しました。でも冷静に見ているとこれらは一時だけでフェードアウトしていく傾向にあります。数年前に私の立場を脅やかしたあれやこれ、いま何処に?

 この分野で生き抜くには拘りと信念が希薄では継続が難しい。苦しみながらも生み出す発想が重要。いかに独自的な情報として発信を維持出来るかが重要。ということを悟りました。

 最近は当サイトから盗っていったのね、と思っても気にしない訳じゃないけれど以前ほど怒りはありません。長くやっていると色々ありますね。当サイトが更に進化成長すればいい。頑張ります!!

2019-2020年のスタッドレスタイヤ製品動向はどうよ? 新製品は最新技術のアドバンテージを、一方従来品は熟成から得た信頼性とサイズ展開に有利さを持つ。新旧それぞれの特性を理解し後悔のないタイヤ選びを!
夏・冬用の性能を兼ね備えた全天候型であるオールシーズンタイヤ、2019-2020年シーズンは隆盛へ向かう! 季節を問わず多彩な路面コンディションに対応。
アジアンスタッドレスの魅力は何処なのか、詳細に探る! 最新は日本の雪質を理解すべく北海道を拠点に開発テストを実行、雪国の日常使用を想定したヘビーユーザーから、都会派ユーザーまで幅広く対応、日本専用設計を謳うなど製品レベルの向上を果たす。
最新タイヤチェーンは、非金属、金属、更にはタイヤに被せる布製カバーの3タイプ。いずれも人気製品をピックアップ、その特性に迫る!

フォローする