スタッドレスとチェーン、どっちを選択すべき?

 スタッドレスタイヤとチェーンはどちらを選ぶ、という迷いにどうする? それぞれにプラスとマイナスがあり、シーンによって使い分けるべきでは。ただ市場はスタッドレスが圧倒的、もしチェーンがそうならタイヤメーカーはもっと積極的になるでしょうから。

 今フェードアウトになったようだけれど、ミシュランが一時露出したテキスタイルタイプのチェーン、厳密にはタイヤカバーの括りです。アラミドファイバーを含む複合繊維を素材としたもの。トレッド面には約150個の金属リングを採用しています。

 装着作業は他の布製タイヤカバーとほぼ同じ、言うなれば非金属と金属の中間レベルと受け止めました。国内に登場した時はセンセーショナル、しかしミシュランとの云々など難しい面があったのかな。数年発売し残念ながらフェードアウト。非常に評判良かったかと。

 というように、可能性あればタイヤメーカーも静観ではないはず。ホイールもそうだけれど絶対参戦します。それが現状は無いですね。どっちがいい? というユーザーの迷いに繋がるとそこは難しい扱いになりそう。従って利益大きいタイヤが優先です。

 で、戻るけれどどっちよ? 結論から言えばどちらも買える、というのならスタッドレスをおすすめしたい。

 シーズン前のタイヤ交換は必要だけれど、それさえクリアすればイザという時の降雪にもそのままで走行可能です。最新は相当高性能だし。マイナスは高価なこと。そしてタイヤ交換は相当手間が、使用しない時に保管場所が必要など。

 一方チェーンはアイスとスノー、特に深雪ではスタッドレスよりも大きな効果を発揮します。比較すれば安価、使用しない場合はトランクに収納可能。マイナスはその都度装着、脱着が必要なの最も厄介です。

 それぞれにプラス・マイナスありますが更に状況は変化しています。昨年2018年から施行された新チェーン規制は、対象ルートで一定条件に合致した時発令されます。この場合、スタッドレスを履いていてもチェーン装着が必須です。

 ということで、スタッドレスを装着するもチェーンは備えておきたい。スタッドレス+チェーン=完全。規制以外でも最大ピンチならこの可能性を求めたい。

 これまで冬シーズンはスタッドレスとチェーンの選択が主だったけれど、今シーズンはオールシーズンも参戦します。三つ巴の様相になるかはまだ分かりませんけど、これについては別の機会で触れましょう。

スタッドレスタイヤ比較(選び方) 2019-2020
スタッドレスタイヤとは? 誕生の背景はこんな理由があった! そして近年、各メーカーが勢い激しく高性能を続々投入。これに対して高度化した基本性能を詳細に解説。なら旧モデルはもう魅力なし、いやそうでもない。などもっとよ~く知る為に、が満載。
タイヤチェーン比較(選び方) 2019-2020
最新タイヤチェーンならジャッキアップ不要で装着簡単、乗り心地も快適。など市場特性から最近の傾向、そして基礎知識まで役立つ豊富な情報で展開する!
タイトルとURLをコピーしました