コンチネンタル

コンチネンタル

コンチネンタル タイヤの基礎知識 残溝の違い

 タイヤの使用限度は残溝が1.6mm。しかし、コンチネンタルは残溝が3mmになった時点での交換を推奨。1.4mmの差がもたらすものとは? 残溝3mmと1.6mmのタイヤを装着し、ウェット路面で制動‥
コンチネンタル

コンチネンタル PremiumContact 6 スポーツ性能

コンチネンタルの最新プレミアムコンフォート「PremiumContact 6」、快適性とスポーツ性を融合。このビデオではスポーツ性能を引き出す先進テクノロジー、アドバンスド・マクロブロック・デザイ‥
コンチネンタル

コンチネンタル UHPタイヤ SportContact 6

 コンチネンタルSportContact 6」は最大限のグリップと鋭敏なハンドリングを実現するUHPタイヤ。ハイグリップ性能を実現したのは、コンチネンタルの自転車用タイヤにも使われているテクノロジ‥
コンチネンタル

コンチネンタル PremiumContact 6 妥協のない安全性

 コンチネンタルの最新プレミアムコンフォートが「PremiumContact 6」です。最高レベルの安全性を追求した先進テクノロジーである クリスタル・シリカ・コンポジション が、ウェットブレーキ‥
コンチネンタル

コンチネンタル ハイパフォーマンスエコ EcoContact 6

 「EcoContact 6」は、すべてに高性能を貫いた新時代のハイパフォーマンス・エコタイヤを謳います。コンパウンドテクノロジー グリーン・チリ 2.0 を採用し、相反するウェット性能と転がり抵‥
コンチネンタル

The Future in Motion ミライを、動かそう

 コンチネンタル コーポレートムービー。タイヤだけではなく、電動化、運転支援・自動運転・コネクティビティ分野において革新的な技術を開発し続けるコンチネンタルです。
コンチネンタル

ウィンターテクノロジー エクスペリエンス コンチネンタル

 ニュージーランドで行われたウィンターテクノロジー エクスペリエンスのムービー。 00:47 サマータイヤ vs スタッドレスタイヤ 01:24 低温時のコンパウンドを比較 01:31 トレッドシ‥
コンチネンタル

テクニックフォーラム 2018 コンチネンタル

 スウェーデンで行われたテクニックフォーラム2018の模様だそう。スタッドレスタイヤ「VikingContact 7」を始めとしたコンチネンタルのウィンタータイヤを様々な車で試乗しています。 ‥
コンチネンタル

コンチネンタル VikingContact 7 新世代スタッドレス

 コンチネンタルが投入した最新スタッドレスタイヤ「VikingContact 7」です。相反するウィンター性能とウェット性能を高次元で両立した新世代を謳います。パターンはVikingContact‥
コンチネンタル

コンチネンタル UltraContact UC6 for SUV

アジア太平洋地域市場に向けられた第6世代製品「UltraContact UC6」の「SUV」バージョンです。ベースとなる「UC6」はコンパクトカーからプレミアム、ミニバンまでをターゲットにしたコ‥
コンチネンタル

コンチネンタル プレミアムコンフォート PremiumContact 6

 最新6世代となったプレミアムコンフォート「PremiumContact 6」です。従来品「ContiSportContact 5」と「ContiPremiumContact 5」を融合、プレミア‥
コンチネンタル

コンチネンタル MaxContact MC6

 コンチネンタル「MaxContact MC6」は、アクティブにドライビングを楽しみ性能に拘るドライバー向けのスポーティタイヤを謳います。スポーツカー、セダン、ミニバンなどをターゲットに、先進のテ‥
コンチネンタル

コンチネンタル MaxContact MC6 ウェットブレーキング

 コンチネンタル「MaxContact MC6(マックスコンタクト エムシー6)」は、APAC(アジア太平洋)地域向け第6世代製品。従来品「ContiMaxContact MC5」から大幅な性能向‥
コンチネンタル

モータースポーツの歴史 コンチネンタル

 1901年、ダイムラー社のメルセデスと名付けられた初めてのクルマが「プノイマティクス」を履き、レース Nizza-Salon-Nizza に優勝。コンチネンタルの長い歴史にはモータースポーツの歴‥
コンチネンタル

コンチネンタル SportContact 6 スーパースポーツ

 フラッグシップとなる SportContactシリーズ の最新を謳う。ストリート用として強烈なグリップ性能を誇る「ContiSportContact 5P」を更に上回る性能を実現しました。位置付‥
コンチネンタル

コンチネンタル 全自動ブレーキ性能屋内試験場 AIBA

 コンチネンタルも全自動ブレーキ性能屋内試験場が AIBA です。2012年に建設され、全長300m、幅30mの試験場では無人試験車両が120km/hまで加速し、ブレーキングロボットによる正確なブ‥