ヨコハマ ADVAN の世界観を伝える

 ヨコハマのグローバルフラッグシップに位置付ける「ADVAN」、英語で先進を意味する「Advance」や、優位性を意味する「Advantage」から来ているという。

 1978年に「ADVAN」ブランドの誕生で投入されたのが「ADVAN HF」、1981年には先進的な非対称パターンを採用しスポーツラジアルとしての評価を高めた「ADVAN HF type D」。1982年には「ADVAN HF type C」が登場。

 1988年「ADVAN GLOBA」、1992年「ADVAN NEXUS」、1995年「ADVAN NEOVA」発売。2003年「ADVAN NEOVA AD07」。第4世代への進化し市販ラジアル最速を目指し、モータースポーツで培われたテクノロジーを投入。2009年「ADVAN NEOVA AD08」が満を持して登場。そして2013年に現行「ADVAN NEOVA AD08R」へ。

 一方頂点に立つ「ADVAN Sport V105」もこの年に登場。2016年には「ADVAN FLEVA V701」がスポーツとして新たなポジションを提唱。街中での快適性とスポーツ性能に対する要求を底辺から支えます。

 またプレミアムコンフォートも「ADVAN」で訴求。2009年「ADVAN dB」が登場、2017年「ADVAN dB V552」へ移行しています。

 ヨコハマのラインアップは、「ADVAN」がグローバルフラッグシップとして位置付けられています。プレミアムであることは認めるも、どちらかと言えばスポーツへ傾倒のイメージ。という現状を踏まえながらもその世界観を伝えると、こんなムービーになるよう。

ヨコハマの歴史は ADVAN そのもの
 メーカーの歴史ヨコハマ篇、というよりもここではADVAブランドについて触れていこうと思います。若かりし頃、レースシーンでADVANカラーのマシンに刺激を受け、それから相応の年月に渡りヨコハマに拘りを持ちました。今そういうのって少ないのかな
ヨコハマのプレミアムは ADVAN(アドバン) or dB(デシベル)?
 ヨコハマのプレミアムコンフォートカテゴリーに位置付けられるのは「ADVAN dB」です。低燃費タイヤサイズも設定しそれまでのエコブランド DNA のエコ性能と快適性を継承、運動性能を強化することで ADVAN ブランドを冠することとなりま