2022-2023年アジアンスタッドレスタイヤ等冬製品の最新化、完了!

 2022-2023年シーズンのアジアンスタッドレスタイヤ、そしてオールシーズンの更新が完了しました。2020年にNANKAN「AW-1」が投入、従来品「ESSN-1」の後継として評価は増すばかり? 実証を経て確信へ。

 本質に迫るリアルレポートも発信しており、後ろ盾として評価の一助になるのは間違いない。ただ従来品「ESSN-1」は残念ながら後退するばかり。これはもうショウガナイ。

 ラインアップは全体として絞り込まれた印象。アジアンタイヤにおけるスタッドレス、いよいよ本質が求められています。

 またオールシーズンタイヤも新たに登場。2製品と投入数は最小レベルながら、M+Sにスノーフレークマークが刻印され期待度は大きい。メジャーにおいては今シーズンこそ限定的要素が外れ定番化が期待されます。それに続くのか興味です。

 過去アジアンタイヤ1st.を謳い独自性を打ち出すHankook、KUMHO、KENDA‥など掲載したけれど、正直中々本質が見えてこない。そこで割り切り現状にスイッチ、最新化ではどうなる? 楽しみです。

アジアンスタッドレスタイヤ比較
アジアンタイヤ、価格の安さは性能以外で特性にもなる。スタッドレスも同様の捉え方が可能。既存の走行環境ならこの性能レベルで十分、とい…
アジアンオールシーズンタイヤ比較
オールシーズンタイヤ、アジアンタイヤにおいてもよりグローバル化を目指す上でこの存在は見逃せません。現状を含め、今後の展開へ期待を膨…
タイトルとURLをコピーしました