スポーツタイヤの隆盛はプレミアムが果たす役割大きい!

 コンチネンタル「SportCotact 7」を昨日掲載し取り敢えず新掲載の予定は貫徹! 改めてスポーツタイヤ性能比較表を確認してみたら、プレミアムスポーツが何だか凄いことになっています。

 当初こそ各メーカーで1または2製品の掲載がほとんど。ところが今回は従来品が継続し、更に新たな発想で投入されるなどその数は13にも及びます。新掲載は4、従来品は9という内訳です。

 同じプレミアムでもコンフォート系のそれとは異なる静粛性と乗り心地、走りの印象に大きな影響を与えます。また新車装着を目指しクルマメーカーの認証を取得しているのも特徴と言えるかな。

 このあり方は海外メーカーの手法と捉えていましたが、プレミアムスポーツにおいては国内メーカーも同様を追随。ただ当サイトでは飽くまでも市販へ拘ります。従って車種専用を謳うところはスルーし、飽くまでもタイヤへ搭載されるトータル性能向上、バランス性能の統一性を求めたい。

 ということで個人的に注目するのはグッドイヤー「EAGLE F1 SUPERSPORT」。「EAGLE F1 ASYMMETRIC 5」が従来その位置をキープ。ところが「EAGLE」シリーズのフラッグシップを強調し、高いグリップ力とブレーキング力、そして優れたハンドリング性能を兼ね備えて新投入。そして低燃費タイヤを実現するのは凄い、と思います。

 もうひとつはコンチネンタル「SportCotact 7」では。従来品は「SportCotact 6」です。過去ホンダ「シビックタイプR」に装着、開発段階ではドイツ ニュルブルクリンク北コースでFF量産車最速ラップタイムを打ち立てたことに貢献、というのが話題になりました。その後継ですからね!

 サーキット走行ユーザーは勿論、高出力なハイパフォーマンスカー、スポーツカーにとって安全で適切な選択肢となることを強調します。

 その他も魅力ある主張を展開。従来品だってまだまだ‥ の状況を構築します。スポーツタイヤカテゴリーは「ピュア」・「プレミアム」・「ストリート」の3つに区分けしています。製品による線引きに迷いもあるけれど、一応トータルで既存構成を訴えます。

 ということで、やはりスポーツタイヤの隆盛は盛り上がります。スポーツタイヤの暗黒時代を経験すると、今は夢のよう。

 時はバブル後でありクルマの低燃費化が顕著に進み、当然ながらタイヤも沿うことに。その後エコタイヤは低燃費タイヤへ厳格化され、スポーツタイヤの居場所が見当たりません。この厳しい時に耐えようやく呪縛から開放。

 スポーツタイヤがフラッグシップとして復活する展開は、ドライグリップの絶対的な向上が基本形、を強固にアピールします。やはりタイヤはグリップに拘る、極論ですけどね。

スポーツタイヤ性能比較
スポーツタイヤの本質はタイヤそのものの基本形であることも理解したい。加速時の食い付き、グッと止まるブレーキング、そして高い剛性によ…
タイトルとURLをコピーしました