スタッドレスタイヤの基本性能を知る!

 スタッドレスタイヤの基本性能は9つ(直進安定性、ドライ性能、ウェット性能、低燃費、ライフ、静粛性、乗り心地、アイス性能、雪路性能)と定義しています。

 アイス性能と雪路性能の2大性能のみに注視されがちですがその他も実は重要。各々バランスを配することで冬専用タイヤとしての性能向上に寄与する、というのが最新第6世代のあり方です。

 性能実現で強調されるのが、トレッド面の繊細なデザインとコンパウンド(ゴム)の先進素材採用です。更にはサイドや内部構造に至るまで実は全てにおいて進化の程度は大きい。ただメーカーにより拘りと採用技術は微妙に異なります。それでも効きに至る過程である程度共通化した考えに集約されます。

 で、これに触れまとめたページが スタッドレスタイヤの基本性能を知る! です。最初の構築から3シーズン目、毎シーズン微妙な進化も逃がさず反映済み。実は自身の理解を高める備忘録としての役割も持たせているという、とっても重要度を高めたページです。

 なのに残念ながら人気コンテンツには程遠い。最大興味は製品そのものだし、それを示す製品詳細ページへ向くのはショウガナイ。それは重々承知だけど、それでも是非見て欲しいページなんですけど‥

 ということで、以下にリンクを貼っておきます。興味が無くても、時間が無くても見てくれると非常に嬉しいです。

スタッドレスタイヤの基本性能を知る!
 ブリヂストンが定義する夏タイヤの基本性能は7つ、①直進安定性、②ドライ性能、③ウェット性能、④低燃費、⑤ライフ、⑥静粛性、⑦乗り…
タイトルとURLをコピーしました