スッタドレスタイヤ・オールシーズンタイヤ・ウインタータイヤ

 国内でウィンタータイヤと言えばスタッドレスを指すものと認識していたのが数年前まで。ところが近年、これらに一線が引かれるケースが特に海外メジャーで見られるようになりました。今シーズンはオールシーズンの隆盛もあり3つまで拡大した冬製品の違いは何よ? 以下ザックリ示しましょ。

 違いをひとことで言えば冬性能です。スタッドレスは厳しい降雪時やアイスバーンでの対応に得意性を発揮します。近年はドライ、ウェット、更には低燃費も飛躍的な向上を果たしている、というのが一般的な見方。それでもそこは冬に特化した製品ですから、やはりドライ、ウェットではウィンタータイヤには劣るでしょうね。

 ウィンタータイヤはそこそこの降雪時なら走破性に大きな問題を感じない。しかし、更なる積雪量の多さ(轍等が出来るなど)やアイスバーンでは、特性がトーンダウンすることをメーカーが示しています。一方でドライ、ウェットは夏タイヤには及ばないまでもスタッドレスよりは優れます。

 そしてオールシーズン。今シーズンの隆盛は既に伝えている通りで、国内市場にはブリヂストンとコンチネンタルを除き一気に投入が実現しました。特性は夏・冬用の性能を兼ね備えた全天候型。特に新たな投入は冬性能にハイレベル化を施しています。しかも冬場におけるドライ、ウェットはウィンタータイヤ同様レベル、プラス夏場でも走行可能。

 などいずれも特性が微妙に異なるし違いを示さないと。ウィンタータイヤは飽くまでもスタッドレスに次ぐ冬専用タイヤ、なので夏場の使用は避けたい。対してオールシーズンは通年を通して対応可能。これかと!

 冬性能順に並べれば

①スタッドレスタイヤ
     ↑
②ウインタータイヤ
     ↑
③オールシーズンタイヤ

 ウインタータイヤとオールシーズンはコンパウンドの素質違いが微妙に大きいと考えます。パターンの役割は双方似通っていますので。この2つ性能が接近しているもののより厳密化すればウインタータイヤが冬性能で上回る、ということかと。

 ウインタータイヤは主に欧州で普及が進む製品です。国内とは道路環境が異なるためにこのレベル、要は積雪量の多さ(轍等が出来るなど)やアイスバーンなどの過酷な環境ではない、という事情から誕生したもの。スタッドレスとオールシーズンの中間性能を搭載するのがこれ、と定義されるケース見られます。

 それでも双方「M+S」と「3PMSF(スリーピークマウンテン スノーフレークマーク:冬性能を発揮することが認証された製品のみ許されるもの)」が刻印されるなど冬性能の差は接近しています。

 更にオールシーズンは、年間を通して季節や路面を選ばない、履き替えなしで走行可能など意外と国内事情にマッチする点もあるのでは。(地域によるけれど)

 ただミシュランを含め海外メジャーのウィンタータイヤに対する国内展開には変化が(積極性)見られるようになりました。これを受け止め、更なる差別化が詳細には示せれば新たな可能性を見出せるかもしれません。今後の課題としておきます。

 実はピレリスタッドレスの掲載でSUV/4×4用としてウインタータイヤ「SCORPION WINTER」を掲載しています。最近注目されるハイエンドSUVやCUV(Crossover Utility Vehicle)に向けられた製品で、サイズ設定は最大22インチ、最小16インチいう凄い展開です。で、興味はどうよ? いまのところ残念ながら高くないのが実情です。念為

スタッドレスタイヤ比較(選び方) 2019-2020
スタッドレスタイヤとは? 誕生の背景はこんな理由があった! そして近年、各メーカーが勢い激しく高性能を続々投入。これに対して高度化した基本性能を詳細に解説。なら旧モデルはもう魅力なし、いやそうでもない。などもっとよ~く知る為に、が満載。
タイトルとURLをコピーしました