スタッドレスタイヤのサイズ設定からみる効率化

 軽カー、それもハイト系の人気は相変わらず続いています。車高が1,800mm以上もある超ハイト系もあり、すっかり定着したクルマ事情に驚くばかりです。実際現物見るとデッカイ、これで軽カーか、と思うほど。大人気のホンダ「N-BOX」には何度も乗ったけれど日常的にもこれ1台で十分かな。その分価格も車高並みに高いですけど。

 そんな事情ながら、これだけの背高では走行が不安定になることもあるのでは。残念、というか怖くてそこまで攻めたことはないけれど懸念は残ります。メーカーではこの手のテストは当選ながら繰り返し行っているでしょ。従って個人的な心配に留まるのでしょうけどね。

 タイヤについてはミニバン同様片減りや偏摩耗はどうよ? 重量物の積載によるアンバランス、走行環境などによってあると思います。

 スタッドレスへ傾倒すると、軽カーハイト系専用スタッドレスが出現していない現状から、まず目を向けるのはミニバン用です。現在唯一なのがトーヨー「Winter TRANPATH TX」、ブロック構成等によりコーナーリングや車線変更時のふらつきを抑制します。偏摩耗や片減りにも高い拘りを示します。サイド剛性強化とトレッドの効き、そして快適性を専用スタッドレスとしてバランスしています。あとはサイズ設定がどうか?

 軽カーハイト系のサイズは155/65R14、もしくは165/55R15がメインです。「Winter TRANPATH TX」はしっかり設定しています。実はその前、だから「Winter TRANPATH MK4α」には設定がありませんでした。進化してしっかり対応済みです。

 ミニバン専用はこれだけ。夏タイヤのミニバン専用は多数のラインアップを誇るのに、なぜかスタッドレスタイヤではその設定が最小。理由は明確で乗用車用の高い汎用性というか、フォローの広さに長けているからです。

 また構造的にも最新はINとOUTに異なる技術が搭載され、効きに対する優位性を使い分けています。柔らかさによる不安定さはブロック剛性強化によって低減します。サイドウォールは剛性強化は勿論、乗り心地向上の期待も背負います。

 そして何よりも銘柄により100をも超える圧倒的なサイズ設定の多さは、より多くの車種対応を可能とします。当然この中には軽カーハイト系もしっかり含まれます。12、13インチの設定だってありますから。

 この主張を各メーカーでは強調、新たなミニバン専用や軽カーハイト系専用の出現を不要とする要因へ結びつけます。というかメーカーの効率化と拘り、現状どちらに重きを置いているかですね。個人的見解としては正直効率化が優先的に検討された結果だと思っています。

スタッドレスタイヤ比較(選び方) 2019-2020
スタッドレスタイヤとは? 誕生の背景はこんな理由があった! そして近年、各メーカーが勢い激しく高性能を続々投入。これに対して高度化した基本性能を詳細に解説。なら旧モデルはもう魅力なし、いやそうでもない。などもっとよ~く知る為に、が満載。
スタッドレスタイヤ性能比較表 2019-2020
2019-2020年のスタッドレスタイヤ製品動向はどうよ? 新製品は最新技術のアドバンテージを、一方従来品は熟成から得た信頼性とサイズ展開に有利さを持つ。新旧それぞれの特性を理解し後悔のないタイヤ選びを!
タイトルとURLをコピーしました