SUV/4×4スタッドレスタイヤ性能比較表の考え方!

 近年のSUV/4×4への車種人気でスタッドレスタイヤも当然興味は上がっています。一昔前、3世代くらい前だから10年以上前ですね。当時は乗用車用に比較して性能面で見劣りする、と言われていました。

 その理由はモデルサイクルが長いこと、新製品への移行が中々進まない。これにより年単位で新技術が登場、搭載される乗用車用とは性能差が広がるばかり。また全体的な車種ボリュームの兼ね合い、当時は今ほどSUVの販売台数が多くなかったのでメーカー施策に積極性が欠けていた。などかな。

 ただ重量があり重心が高いクルマの性格からやはり専用化が理想です。これで最新化が進めば氷雪路の制動性能、そしてコーナーリング性能など得られる恩恵は大きいはず。

 そして2009年あたりを境に、この状況から変化が見られるようになりました。より進化した乗用車用の技術を導入、氷を引っ掻くことや雪を噛む効果、排水性の向上、更に雪の無いドライでの性能も乗用車用並に進化し、当然ふらつきや片減りの対策もしっかり施された製品が見られるようになったのです。

 そこから少しずつ底上げが進みます。今まで装着サイズの問題から、仕方なくSUV/4×4スタッドレスタイヤを装着していたユーザーにとっては朗報です。ただその流れ一気には進みません。まだまだ従来を引きずるものと、最新へ移行した製品の2極化状態が一定期間混在します。

 その後、前者も技術進化が進み同時にブランドも乗用車用へ取り込まれていきます。スタッドレスとして専用ブランドの確立を図っている、と捉えるべき。その結果、ブランドラインアップのひとつにSUV/4×4専用が展開されるようになりました。

 例えば、ヨコハマは「GEOLANDAR」から「iceGUARD」へ。ダンロップは「GRANDTREK」から「WINTER MAXX」へ。トーヨーは「Winter TRANPATH」から「OBSERVE」へ向かうも新たには「Winter TRANPATH」を再度併用するケースもあったりして‥ なので全てではないですけどね。ブリヂストンは当初から「BLIZZAK」に拘っています。

 海外メジャーはグッドイヤーが「ICE NAVI」、ミシュランだけは未だ乗用車用が「X-ICE」、対してSUV/4×4は「LATITUDE X-ice」です。これ2010年9月の発売で年数経過が著しい。今シーズンは新製品へ移行するのでは、と考えていたんですけど‥ 結果は引っ張るようです。

 当サイトでは、従来こそ SUV/4×4スタッドレスタイヤ性能比較表 を構築し、夏タイヤ同様専用タイヤとしての位置付けを図りました。しかし、触れた通りその後の流れを鑑みると、乗用車用とSUV/4×4を統一ブランドの観点から探るのが理想的と考えました。従って最新は分離したページを再度統合し1本化しています。

 ただSUV/4×4における特性は、スタッドレスタイヤ比較(選び方) の中でかなり詳細に触れています。例えば専用装着の考え方、乗用車のプラットフォームを流用したCUV(Crossover Utility Vehicle)について、また乗用車と同サイズの場合はどちらを選べばいい? など。これらを確認した上で製品比較へ移行することを望みます。

スタッドレスタイヤ比較(選び方) 2019-2020
スタッドレスタイヤとは? 誕生の背景はこんな理由があった! そして近年、各メーカーが勢い激しく高性能を続々投入。これに対して高度化した基本性能を詳細に解説。なら旧モデルはもう魅力なし、いやそうでもない。などもっとよ~く知る為に、が満載。
スタッドレスタイヤ性能比較表 2019-2020
2019-2020年のスタッドレスタイヤ製品動向はどうよ? 新製品は最新技術のアドバンテージを、一方従来品は熟成から得た信頼性とサイズ展開に有利さを持つ。新旧それぞれの特性を理解し後悔のないタイヤ選びを!
タイトルとURLをコピーしました