アジアンタイヤは2つの性能比較コンテンツを構築します!

 アジアンタイヤを比較する専用ページは、現在 アジアンタイヤ比較(メーカー展開)アジアンタイヤ性能比較表(カテゴリー展開)の2つを有しそれぞれに特色ある展開を実現します。

 アジアンタイヤ比較(メーカー展開)は、NANKANG、ATR RADIAL、FEDERALなど黎明期から維持されるメーカーがその礎を築いています。そこから10数年が経過し内容も随分様変わり。最新2019年はDAVANTI(ダヴァンティ)にARMSTRONG(アームストロング)を追加、14に及ぶメーカー(ブランド)を掲載します。

NANKANG(ナンカン)
ATR RADIAL(エーティーアール ラジアル)
HIFLY(ハイフライ)
ZEETEX(ジーテックス)
DAVANTI(ダヴァンティ)
MOMO(モモ)
RADAR(レーダー)
ARMSTRONG(アームストロング)
ROADSTONE(ロードストーン)
NEUTON(ニュートン)
MINERVA(ミネルバ)
MAXTREK(マックストレック)
FEDERAL(フェデラル)
NITTO(ニットー)

 近年はメーカーよりもブランドを色濃く打ち出すのが顕著。新興国製タイヤと示されるケースが増え、アジア諸国メーカーが製造するグローバルタイヤディーラーのPBタイヤさえもその範囲に加えます。

 更には欧州関連でも安さを見出すことで同様のあり方を採用。正直曖昧で強引な認識ですが注目は決して低くない。しかも価格面での興味もあり敢えてここに括ります。

性能比較表(カテゴリー展開)

 一方アジアンタイヤ性能比較表(カテゴリー展開)は、スポーツからSUVまで7つのカテゴリーを一覧表示。区分けされた性能を最大限発揮出来る製品をピックアップし特徴を見出します。

 その中でもフラッグシップを誇るのはスポーツです。グリップ性能の高さを特徴とし、いずれもハイレベルを強調します。投入される製品数は多く、ラインアップの魅力は随一です。しながら性能レベルは正直ピンキリ、その差には幅があります。

 現在車種構成の多様化によりカテゴリー展開もそれに沿い複雑化、当然ながら投入される製品はカテゴリー特性に見合うことが望まれます。ただアジアンタイヤはカテゴリー間の線引きに曖昧さが払拭出来ません。専用性への拘りが必ずしも統一されたものではなく、かつてのエコタイヤ黎明期がそうであったように主張さえすればそれが受け入れ対象になってしまします。

 という課題が残るも、そこはメーカー主張との差異を感じたら、拘りを持ち独自に括るのが当サイトの役割でもあります。

スポーツタイヤ性能比較表
スポーツコンフォートタイヤ性能比較表
コンフォートタイヤ性能比較表
ミニバンタイヤ性能比較表
スタンダードタイヤ性能比較表
SUVタイヤ性能比較表
エコタイヤ性能比較表

 2つを整えるには相応の期間を有しています。特にメーカー展開は製品一覧ページとの重複から差別化に難儀。結果としてとして沿革等に触れラインアップの傾向を示し、アジアンタイヤは大丈夫? という疑念に相応の理解を深めてもらいたい、という考えでまとめています。

アジアンタイヤ比較(メーカー展開)
 アジアンタイヤをメーカー別に比較、として一覧表示します。台湾、インドネシア、中国など新興メーカーを中心に、最新の製品展開を詳細に…
アジアンタイヤ性能比較(カテゴリー展開)
 アジアンタイヤはコストパフォーマンスに優れ、見出されたのはドリフトユーザーからかな。利用価値の高さを示したことは間違いないでしょ…
タイトルとURLをコピーしました